医学部入学に適した予備校を探す方法

医学部に合格し入学をするには膨大な勉強量が必要となってきますし、他学部よりも科目が多いのも特徴で、入試問題の難易度も高い上に高得点が要求されます。自分の力で学習計画などを立てて守る事はとても厳しく独学で医学部合格を果たせるのは困難に等しいと言われています。予備校に通う事でカリキュラムに沿って勉強する事ができるのですが、年間のカリキュラムは予備校によって違いがあります。自分にあった学習計画が可能な予備校を選ぶ事が大切です。1つの単元を何回行うかも重要で、各単元はじっくり時間をかけ1回、2回で行う予備校や基礎から応用までを3回、4回繰り返し行う予備校もあります。苦手科目がある人は基礎から3,4回行われる予備校を選ぶ事で、足を引っ張らない科目まで仕上げる事ができます。

医学部入学を目指す為の予備校の選び方

医学部合格を目指す予備校にも様々なスタイルのものがあり、大手の予備校などの授業では大人数で一斉に授業を受けるのが一般的になり、有名な講師も多く解説してもらえる考え方や解き方など、とても有意義な内容になるかと思います。ですが、この大手の予備校の授業内容で理解しステップアップしていけるのは成績上位の2割から3割ほどです。大手の予備校では基礎が身につき理解している事を前提として応用を中心に進めていく為、ハイレベルな授業を消化しきれない生徒もいます。基礎が固まっていない状態で苦手な分野や科目がある場合、授業が高度な為ついていけません。その為、医学系の専門予備校では少人数体制になっている所が多くあります。平均10名以下になるようクラス編成され、中には5,6人のクラスもあるほどです。少人数制であれば講師がひとり一人の弱点を把握したり、授業中の質問もしやすいなどの利点があります。

予備校に通い医学部を目指す為に必要になるポイントとは

医学部合格を目指す予備校の選択を更に絞る項目として夜間指導の内容があります。大手予備校では授業後、自宅に帰り自力で復習や予習をする必要がありますが、医学系専門予備校の多くは夜間指導を行っています。夜間指導は強制的に勉強をさせられる事になり、22時までは完全拘束体制で勉強をするとしている予備校もあるようです。この夜間指導の内容に対して、やらされた感を抱き嫌だと思うのか、22時頃まで勉強をみてもらえていると安心感を抱くのかは性格により違う為、自分の性格を見据えて判断する必要があります。夜間指導の内容としては、その日の授業内容に関する課題プリントを各自で行うものです。夜間指導の後1週間ごとにテストをし、全問解けるようになるまで解き直しをする事が多くありますが、何度もテストを行いひとり一人確実に定着しているかなど細かくフォローしてくれるのが少人数制の予備校のメリットです。

富士学院では科目ごとに同じレベルの学力でクラス編成を行っています。 常勤の講師の数が豊富で質問や相談がしやすい雰囲気づくりを行っています。 富士学院では生徒一人ひとりに責任をもって指導をしています。 医学部の受験に精通した講師自身も日々更なる成長を目指しています。 講師採用の際には筆記試験、模擬講義、面談を必ず行います。 富士学院では勉強の気分転換の為のリフレッシュタイムを設けています。 確かな実績 | 医学部の予備校なら富士学院