欧州やアメリカで人気が爆発している電子タバコVAPEは、国内のテレビ番組でも取り扱われるようになり、その注目度は上がる一方です。ニューヨークにはすでに若者文化として定着した感があり、電子タバコ専門バーが出現しています。ニコチン、タールを含まないという点で、健康志向とも合致していますのでブームとなっている理由が分かります。国内では電子タバコについての認知度はまだ高いとは言えません。モラルの観点からも、副流煙が発生ないことを理由に公共の場であえて吸って見せるなど行為も見受けられます。見た目はタバコを吸っているように見えますので、第三者から注意されることもありますので配慮が必要なケースがあります。また、未成年者への販売についても、法的な規制はまだなく、販売店が自主規制といった段階にとどまっているケースが大半です。

VAPEの利用は自己責任・公共の場での配慮を

海外を中心に若者文化として定着した感のある電子タバコVAPEは、日本国内にも流行の兆しがあります。テレビ番組で特集されたり、海外有名タレントのSNAで写真付きで掲載されるなど影響の広がり具合が特筆されます。ネット通販も充実してきており、入手は容易な状況です。海外から輸入することも可能ですが、ニコチンが含まれているものは規制されています。粗悪品を使用した健康被害についても一部報告されている上、全く安全であるのかといった点については、研究段階であるといった情報もあり不確かです。したがって、使用に際しては自己責任となります。強いて言えば、信頼のおける有名なメーカーの製品を使うのが無難であるということです。有害物質が外に出ないため、従来の禁煙場所において堂々と電子タバコを使用する方がいますが、公共の場所では第三者への配慮が必要なシーンもあります。

電子タバコVAPEが国内で規制されている内容

海外で人気の電子タバコVAPEは、日本国内にも流行しつつあり厚生労働省が規制に乗り出してきています。具体的には、平成22年に通知された内容に、ニコチン入りの電子タバコの販売が規制する旨の記載があります。ニコチン、タールを含まず、火を使わないために副流煙が発生しないなど、従来のタバコに比べて健康に良い点がクローズアップされています。その一方で爆発的に普及した海外では、健康被害が報告されてきています。寄せられた内容は、やけど、呼吸器疾患だと主なものとなっています。使いすぎや粗悪品の使用の結果、FDAには、喉の痛みや頭痛を訴える件数が増えてきています。国内では海外に比べ、明確に報告される件数は少ない状況です。未成年に対しての販売についても法規制が追い付いておらず、店舗の自主規制で運用されてる状況です。今後は法律による整備も進み、規制内容について明らかになると予想されます。

充電は通常の電源の他に、USB電源でも出来ます。 タバコを吸っていると気になる口臭も、原因のタールを含まないので安心。 日本では、煙が多い爆煙タイプが人気を集めています。 電子タバコ(VAPE)が、禁煙中に感じる口寂しい気持ちを満たしてくれます。 海外ではエナジードリンク風のリキッドが品切れになるほど人気です。 リキッドは消耗品ですが、タバコに比べればずっと経済的です。 VAPEのことならおまかせベイプスタジオに